臨月に腹をくだしたり、おならが出る要因は分娩の気配?

身ごもると幾つもの身体の具合に変化がやってきます。懐妊の病態は最初の悪阻ばかりか、後期だというのに苦慮しているものはいっぱいあります。

初産婦さんの際はとりわけ、小さい動きでもたまらなく安心できなくなってしまうこともあると聞きます。

こちらでは、出産予定日1ヶ月前に出てきたくだり腹やおナラは妊娠の先触れなのか? について要因と共に話して行こうと思います

臨月の様子

懐妊10ヶ月に達すると”臨月”と言われております。周期にすると36週0日から39週6日までの日数で、40週0日は分娩予定日だということです。

でかくなった腹部で「子供の誕生はもう直ぐかな? 」と周りの大勢の方が目で見て感じ取る昨今。

胎児のルームである子宮はスイカくらいのボリュームになり、子宮底はお母さんの乳ぶさとおへその中なかあたりにまで到達します。盛んになった胎児の動きが、この子宮の成育によって押し付けられた内臓を活性化させしまい、苦しい苦痛に思いこんでしまうこともあります。

出産予定日1ヶ月前に起こる異変

「これまでだと悪阻や胎児の動きというようなもので”妊娠”を感じる事実もありも、未だに”分娩”ということをすごく気に留めることは少なかった」というのが大勢の妊婦さんが話すことです。

それに比べ、出産予定日1ヶ月前となるとすぐそこの分娩に気を配るようになり、ベイビーにもうすぐ顔を合わす心待ち、子供の誕生についての困惑や緊張感などが大きくなってきます。

さらに、そのような精神的な動きだけではなく、体調の異変もやって来ます。

懐妊の持続に必要とされた黄体ホルモンは妊娠8~9ヶ月の間にヤマを迎え、おそらく分泌される量はやがて減っていきます。

このような黄体ホルモンというのは、懐妊や分娩を行ないやすい体に変える多種多様な能力を持ち合わせていますが、肌の問題や便秘などといった感じの悪い嫌な具合になるファクターとしてもあります。

嫌な状態の元凶となっている黄体ホルモンが少なくするならかまわないのでは? と考えてしまいますが、このホルモンが減るおかげで、色んな変容が始まって来ちゃうんです。

出産予定日1ヶ月前の下痢やおナラ。要因は? 

現在までは嬉しい排便だったのに、出産予定日1ヶ月前に入ってくだり腹になると「何かしら問題が現れたの? 」「おなかのベイビーは間違いないの? 」と気に掛かりますよね。

とにかく臨月からくるくだり腹やおナラが発生する原因についてお声がけしていきます。

食事内容の変調

かつては子宮が成長し臓器を押し付けていたことから、食慾がありませんでし、間髪入れずに食べた時の充足感を感じる、気分がひどくなるといったトラブルが見つけられたが、出産予定日1ヶ月前に入るとだんだんと子宮が落っこちてこれほどまでの悪い所が楽になり、口にするといやに思っていたものが喉を通るように戻ってきたり、食慾がアップしてくる妊婦さんが数多くいます。

このような事実から食事内容が様変わりすることでくだり腹を起こしたり、おナラが出てきやすいと考えられています。

体や腹部の冷え

つい先ほどご説明した臨月の黄体ホルモンの縮小ですが、これらのホルモンは基礎的な体温の高温期が引き起こされるホルモンなのです。身体の基礎体温を高くキープするホルモンの低下によって、お母さんの身体の基礎体温もだんだんとダウンしてきます。

そんなタイミングに、夏の妊娠生活をわずかでも気持ちよく生活したいと薄着でいるケースや、日中の間はしっかりと着用していた腹帯を夜中控えたおかげで腹部を冷たくしてしまった……であったり、要因は色々。

そう簡単には認識しにくい身体の基礎体温の何とも言えない変容ですが、臨月からは体温が低下するの気配があるということを熟知して、低温にしないケアをすることが欠かせなくなります。

お産の備えをしいる

黄体ホルモンがダウンしてくるということは、お産に向けてお母さんの身体も用意をするようにしているということがいえるのではないでしょうか。

このような黄体ホルモンは腸の働きを弱める働きも伴うので、分泌が逓減することで動きが適正に戻りくだり腹になったり、おナラがいっぱい出ることが多々あるということが見受けられます。

同様に、お産が近づくにつれベビーも用意はもとより、頭をお母さんの胎盤の間で固定化すべく下降してきます。

押し付けられていた腸が逃れることができ、かつては懐妊前と変わらなかった便通が盛んになりくだり腹になる人、加えて、押さえ付けられてることがぐんぐん強力になり作用が弱々しくなることで便秘になってしまう方、三者三様それぞれで差はあると聞きました。

くだり腹はお産の予兆?

冒頭で言及したように、臨月に生じるくだり腹にはいくつもの要因があります。

子宮が下降することや黄体ホルモンの低下は、お産が押しせまっているという証明でもあります。

出産予定日1ヶ月前と一言で言ってもひと月ありますから、”出産予定日1ヶ月前に入ってすぐ”と”予定日もう直ぐ”とで異なっていますよね。検診の場合、お医者さんに「子宮が下りてきている」と告知され、胎児の動きが安定してきた、などの動きと共にくだり腹が出てきたケースだと出産の感じであるかもしれないですね。

しかも陣痛は、お産をもうすぐ何とか体験する妊婦さんから見れば想像以上に未知なもの。

各個人で言葉はいろいろあるのですが、”凄まじいくだり腹のような苦痛でお手洗いの中でいても良くならず、実際には陣痛でした”といった話もあります。

前駆陣痛かもしれませんが、いつもと異なると感じたならば、自己の判断はしなくてクリニックに確認するようにしてください。

罠が潜んでいるケースの病態とは?

ハッキリ言って、臨月に発生する下痢の大抵は胎児に影響は及ぼさないとなっており、整腸剤や往々にして下痢止めを調合して貰いもらい、状態を確かめることが多いのです。

しかしながら、一部には重篤な下痢も見られるので、気をつけて下さい。

普通感冒や胃腸炎

ついさっきお話しした、食べ物の摂取量やバランス状態、身体上の冷えや、先天的なものが作用している場合のくだり腹であればとりわけ気にする必要はないのですが、感冒や胃腸炎、ノロウィルスなどを含んだ疑念がある嘔吐や発熱が有り、排便の管理が効かないみたいな水気ばかりの猛烈なくだり腹についてはクリニックにご相談・診察してもらうことが肝心でしょう。

食中毒

懐妊すると、マグロなどを口に入れることが制約されたり、生ものを食べてみることがもう一つ充分じゃないとされていません。

新鮮な肉や野菜、酪農製品、魚介類には、懐妊中に最も用心が必要とされている食中毒が引き起こされる”リステリア菌”が検出されると思われています。

妊婦はこれらの細菌において感性が高くて、これらの細菌による食中毒が発生したケース、例えお母さんにはなんてことない病状や無症状だったとしても、胎盤をくぐって胎児も感染することになるということが明らかになっており、流産や死産、早産となるになる可能性もあります。

悪い箇所としては、1日~3ウィークの潜伏期間のその後、38~39℃の発熱、身体の筋肉に痛みや関節痛、腹痛や腰の痛みといった相互にくだり腹や嘔吐といった病態が見られます。

前述の病態だけではなく思い当たる節があれば、すぐさまお医者さんの診断を受けましょう。

予防法・対応策は?

ウイルス性だけど食中毒というわけでもなく、何てことのないくだり腹であれば何一つ心配する必要はないとはいっても、痛みがあると力んでしまうなどするので気がかりですよね。

ホルモンの変移などの生体的なものからくる下痢は、辛いのなら整腸剤やくだり腹止めなどの処方をお医者さんにお願いしてみたりすることも一つのやり方段ですが、これ以外が起因となるものは阻止することができます。

食べ物が元凶のケースでは暴飲暴食しない

かつては何もこだわらず口に入れられていたものが、制御されることや、召し上がっても気持ち悪い症状のきっかけとなり辛抱しなければならなくなり、フラストレーションが出てきてしまう妊娠期。

悪阻や食べた時の充足感が少なくなって、今までのフラストレーションを放出するように濃縮されたものや油分のいっぱいあるものをいっぺんに大量に口にしてしまうと、くだり腹の要因になってしまいます。

どんな事でも”○○過ぎ”はNGですので、まとめて暴飲暴食するのはやめるべきです。

”ちょっとを幾日か毎に”という制限を作れば管理もしやすくなります。

油分を差し控えた食べ物

妊婦さんの殆どが「止むを得ずフライドポテトが口に入れたくなって、良くゲットしていた。」とお話します。

懐妊中に口に入れたくなるものやうま味があると感じるものは、胎児の性別にも左右されると言えますが、間違いなく男子ならコレ! 女子ならコレ! ことを意味しているのではありません。

しかしながら、大勢の方が懐妊中に唐揚げなどの揚げ物が口に入れたくなるといった体験をされているようで、出産予定日1ヶ月前に入って胃が心地いいことで急に天ぷらなどなどを食べる量が目立って、下痢を発症するということがあります。

少し前ほどに言及した食べるボリュームとも結び付きますが、油分や塩気がたくさんあるものを思う存分食べることは胎児にだっていい結果は及ぼしません。

くだり腹に掛かりやすいタイミングでもあるので、油分・塩気にはとりわけ意識するようにしましょう。
食物繊維を控える
便秘の際に体に取り入れることでお通じがよくなることで知られているのが、野菜なんていうのにいっぱいある食物繊維です。

野菜類を大量に口にすることはいいことなのですが、くだり腹の時にまで頻繁に口に入れてしまうと、やはりくだり腹を長引かせてしまいます。

野菜類などの食物繊維に富んでいるものを口にするケースは、なるべく食物繊維が小さい方のものをセレクト、火通しして食物繊維をソフトにしてから口にするようにしましょう。

寒気が起因となるケース

”温かいもの”に気を付ける

夏期間の妊婦さんであれば暑さはマジに苦しいもので、ツルッとしたのどごしが素晴らしい冷やりとした素麺とかで涼しさを得たくなっていくと思われます。しかも、飲み物も低温のものを希求してしまうこともあると聞きますよね。

だけどやはり、冷え冷えのものを飲むとか口にしたりすれば身体は冷え、同時並行で腹部も低温にしてしまいます。

その上、夏になると旬がくる野菜類には体を冷たくするというものがいっぱい用意されていますし、秋ナスなども当てはまります。

懐妊中は、口にするものは火にかけることがすすめられていますから、温かいスープや煮物、炒め物なんていうのにして口にすることで冷温をストップするようにしましょう。

冷えない洋服の段取りを

夏季であればどうしても薄い着るものに変わってしまいがち。

外の気温の高さについ、それだけの薄着だけでクーラーがシッカリ作用した心地いい店先などに入って、少ししてから冷え込み身体が低体温になってしまうことってあるのじゃないでしょうか。

そんなタイミングで、薄っぺらい羽織りなど、荷物の面倒にならないのと同等のものをかばんにこっそり持っておくと助けになります。

その上、冬の季節の頃では寒気取りアイテムを利用するのがいかがでしょうか。

湯たんぽや重ね履き靴下など、リフレッシュタイムに簡単に取り入れられるものもいっぱいございますので、これらを取り込みつつ体を温かくして、母子共に安全性が高いひとときを過ごしましょう。

まとめ

出産予定日1ヶ月前に起こるくだり腹やおなら。

相談を持ち掛けたくても、ほんの少し気恥ずかしいお話でもあり、「気になっているけどこんなこと何処へ申し出たらいいの? 」と考えてしまいますよね。

しかしながら、心配しないで下さい! 大勢の方が同様なことで頭を悩ませてきたということなので恥じる必要はないです。

妊娠期は、数々のことが煩雑に行き違い、その時まではにやったことのない病態のオンパレード。そこに至るまでは当然のことであったことがして貰えなくなるというフラストレーションもそりゃ途方もなく大きいものです。だとしても、その間も一生涯のなかでみるとほんのほんの僅か。現在は大変でも、まもなく可愛い私たちの子とご対面できるのです。

キツイことを突破して出会ったタイミングは、これ以外のどれにも代えられない愛情一杯ということなんです! 

あなたがご自身で防御できることは行って、ママであるあなた方、それから、誕生して来るベイビーの為にもうちょっくらの期間に亘り、ストレスのない日々の生活を意識していくことが大切だと思います。