おならが止まらない!臨月におならが生じ易くなるわけって?

妊娠, 臨月

臨月のおなら

女性の方々にとって、大変なコンディションの変化もたらす要因の中におきまして「妊娠」がございます。

懐妊中にはカラダにかなりの動きが見れます。一番目立つもので言えば、「つわり」とかがその1つでしょう。これとは別に、食感の変調などがもたらされることもしょっちゅうです。こういった懐妊中の身体の具合は、本当のところ妊娠後、どれくらいの時間が経過しているのかによりも差が出ます。

妊娠後期についてチェックされる病態内において「おなら」がよく出てくるようになる、と言われるのがあります。これについてはどのような原因で発生しているものなのでしょうか。また、おならに備えるための必要性はあると思われますか?今日は臨月のおならについて念入りにピックアップしてみました。

臨月のおならの要因は

おナラを許容する

ここでまず、臨月のおならがなぜ出ているのか、その背景についてご案内します。これに関しては、諸々の素因が複合的に関連しています。それぞれで差もありますが、最大の要因となるのが「黄体ホルモン」と呼称されるホルモンのバランス状態の変化です。

妊娠をした瞬間、妊娠状態をキープする為に必要な黄体ホルモンが沢山引き起こされるようになると思われます。この黄体ホルモンの働きの一つとして、腸の働きを鈍らせる、というものがあります。

腸の作用が鈍化すると、大腸内には便がとどまりやすくなり、前よりもガスが詰まりやすくなりますように、おナラが発生することが多くなるのです。どれも、懐妊中に便秘に見舞われ易くなるのも、この黄体ホルモンなどを通して腸の活動が悪くなることがファクターの一つとなっているとのことです。

こういった黄体ホルモンの効き目によるオナラの伸びは、臨月に特有のこととは違うのです。妊娠初期から始まる可能性があるものと言えます。臨月になって妊娠初期と対比してみてもおナラが発症しやすくなる要因が他であるのです。もちろん、子宮内の胎児が生育し、段々と子宮がデカくなって体中を押しつけるようになることです。

胎児が成長し子宮もでかくなると、どうしてもほど近くにある腸も押されるされるようになってしまいます。腸が押されるようになると、黄体ホルモンの営みのひとつとして、腸の作用が鈍化して、便秘が生じることが多くなり、同時並行でおならも生じさせやすくなると言われます。

実のところおならではないケースも?

胎児の動きかオナラか

ここでもう一つ、臨月の「おなら」について一般的な思い違いというのをご案内しておきます。

「臨月におならが多くなって途方に暮れている・・・」というように感じ取る人がたくさんいるもう一つの要因は、胎児の動きが「おならという感じの知覚」を招いていることにも見受けられるのです。懐妊も後期になると、胎児は胎内でよく動いてしまうと思います。つまり胎動といったものがもたらされるようになり、自分自身の体の中ではたらくものがあるという、普通ならあまり体験がないような意識を妊婦は体験することに他なりません。こういった体感の1つが、「オナラと同じ様な体感」になることがおこります。

これらの胎児の動きの感じとっている方については個人個人で差が著しいもので、おならという感じを受ける人もいれば、そう感じない方もいます。あまり考えられませんが妊娠中期頃から、横になっている時などにオナラが出ているような感じがする可能性が高くなった時には、胎動を思い違いしている、という心配も予想しておくと安心です。