もうちょっとで赤ちゃんと顔を合わす幸せな気持ちと一緒に、いつ頃陣痛がくるのか気になっていても、やってくる臨月なのですが

それにともなって出る「おなら」も、子供が生まれる出産の前兆であることはあまり知られていないようです。

臨月におならが盛んに出てくる要因や、対処方法、さらにおならとは違う、別のお産の予兆もお教えします。


専門家監修 | 産婦人科医 坂田先生
現在10年目の産婦人科医です。某国立大学医学部卒業。現在は関東の産婦人科として勤めています。本業の都合により、顔見せ困難ですが、大勢の方に正当な理解を啓蒙していくことを年頭に投稿しています。

臨月におならが盛んに出てくるのは出産の予兆?

臨月におならが盛んに出るのはお産の兆しです。

気恥ずかしいと思うかもしれませんが、臨月におならがよく出るのは大事な合図になります。

このレポートでは、おならが頻繁に生みだされる要因や処理法、おなら以外での、お産の前兆をお伝えするので、臨月のおならでお困りのママの参考になると思います。

臨月におならがよく出てくる理由は?

どのような理由で臨月におならがしばしば出やすいのでしょうか。臨月におならがしきりと出る要因を説明いたします。妊娠の過程や妊婦さんのコンディション、あるいは幾つかの問題があるので、きちんと把握して頭に入れておきましょう。

腹部が少しづつ圧迫されることによっておナラが出てしまうことが多い

子宮が少しずつ降下し腹部を押えてしまうことが、臨月におナラがしきりと出てくるきっかけとなります。

子宮は最初はおへその下部にあります。赤ちゃんと一緒に段階的にサイズは大きくなり、臨月になれば下腹にかけて下がってしまい、おなかを押さえることに結びつくのです。それで、おなかにガスが停滞しおナラがよく出てしまいます。

臨月のホルモン配分の変調

女性ホルモンというのは月経や妊娠などに欠かせません。ホルモン配分の変動も臨月のおナラと深い関連性があります。その中でも黄体ホルモン(プロゲステロン)と言われているホルモンは、食後の消化を制限させる効用があるためおナラとの結びつきが強いのです。

受胎時はおなかにいる子供に栄養を摂らせるためプロゲステロンがたくさん分泌されることになります。

ところが、臨月になるといつもと同じ量の分泌になるため、腸の動きも妊娠前の運動量と同様となっています。その為に、おナラがいっぱい出ることになります。


苅田先生 産婦人科医

妊娠している時は女性ホルモンの関係により、胃や腸などといった消化管のぜんどう運動が制御される傾向が見られます。 その事から妊娠中は便秘ぎみになりやすくなると思われます。 ところが、出産予定日1ヶ月前(臨月)になると、このようなコントロール効果がある程度希薄になるので、いつも通りの消化管のぜんどう運動が再び開始し、おならが発生すると考えられます。

臨月の食事内容の変容

食事内容の変更も臨月におならが盛んに出てくるファクターの一つだと思います。

つわりで食事を口にしたとしても気分悪くてまともに喉を通らない、子宮が胃を押し付けて腹部がきつく感じてて食欲が出て来ない。このように妊娠初期段階には食慾に対するよくないことが数多くあります。それに対して、臨月となるとその大部分が快方に向かいます。


一児のママ 20代

食慾がはじけてます。ちょっと前まではひと月最大値+1kgとなっていたのに36週より37週の1週間で1kg増してきました。驚くべき臨月…。

男の子ママ 30代

出産予定日1ヶ月前(臨月)の食欲が旺盛。これまで、それほど大きな体重の動きがありませんでしたけどTVに出てくるお料理全てが味わいたくなって買い出しに行ってしまうのです。まさしくいきなりの食慾がすごい。

臨月に食慾が増加するのは大勢の妊婦さんが体感することでありますので、知らず知らずに暴飲暴食してしまう女の人だって相当います。赤ちゃんがお腹にいると赤ちゃんの成長のせいでご飯を意欲的に摂取しようとしまいがちです。しかしながら、食事量が増すと腸の動きも促進されます。ガスもいっぱい作られ、臨月におならがしきりと出る要因となってます。

臨月におならがよく何度も出る時の解決策

ここで、臨月におならが繰り返し出てくる場合の処理法を取りあげていきます。「生理的なことだしコントロールするのは無理があるのでは?」と感じている人もいらっしゃると思われます。小さなことを心掛けるだけで、臨月におならがよく出るという敏感なトラブルをクリアしていくことができます。

バランスのとれた体力作り

軽い散歩や妊婦を楽にするヨガなどのほどよい体力作りは、臨月のおならの対応策として役立ちます。身体を動かすことで腸の動きが促進されるので、おナラの要因の一つである便秘が良くなります。

東京のママ 30代

腹部にダメージを与えない限度内で腰をひねってみるなど、足踏みを行うとおナラが出易くなった。その後はしばらくおナラが出ないのでお出掛け中に心配することも少なくなった。その状態で家から出ると歩いて10分もしない間におならが出てくるようになっていたのでオロオロしていた。

家から出る1時間より先にエクササイズをしておナラを触発させたところ、出かける時のおナラの頻度を減少させることができたという口コミもあります。

かりや先生 産婦人科医

歩くことと消化管運動の活性化には明瞭な関連性が存在します。 非妊娠時でも、便秘の気配がする方は、よく歩行することで消化管運動が促進され、おナラがよく出たり便が発生しやすくなります。

おなかのマッサージをしておならをコントロールする

おなかのマッサージも運動と同じ様に出かける時のおならを減少させてくれる対応策のひとつです。大腸の流れにしたがっておなかをぐるぐるとマッサージしておくと、腸の活動を良くしおならを誘引させます。マッサージをしてちょっと経ってからおならが多く出るではないでしょうか。お出掛け前にケアすることで、外でのおならの頻度を減少させることができます。

腸の活動を円滑にするには、お腹を温かくするのも一つの方法です。マッサージと同じくらいに、便秘を改善してくれます。

臨月の食べ物の改善をする

臨月におならがよく出るといった場合、脂質やたんぱく質をご遠慮下さい。腸内の菌には、脂質やたんぱく質を餌として繁殖する悪玉菌があります。悪玉菌は腸内の活動を害する働きがあるため、便を腸内にとどまらせてしまうワケです。便がとどまるとガスが生じ、臨月のおナラが発症する原因を生み出してしまいます。

脂質やたんぱく質の必要以上の取り入れをコントロールすると、悪玉菌の増殖は緩和されます。

一緒に乳酸菌や食物繊維を食べ物に含ませると、腸の活動を活性化させる効能を保有する善玉菌を増殖させることができ、より効き目を発揮してくれます。

水分を体に取り込む

水分を体に取り込むことも臨月のおならを減少させる対策としていいでしょう。受胎時の女の人の体は子宮内に羊水を含ませたり、赤ん坊へ栄養分をいっぱい届けるために豊富な血が大事になってきます。血を作り上げるには水分が要求されるため、妊娠中は常に水分が足りないことになってしまうのです。

身体の中の水分が足りないと便秘になりがちになります。便秘によってガスの発生増えて、臨月にオナラの発生率が増加する誘因を発生させているのです。便を柔和くし、ガスの発生を減少するのに水分は重要です。赤ちゃん、お母さんのためにも妊娠中はいつでも注意して水分を摂取するとよいでしょう。

ストレスを少なくする

おナラがもたらされる原因のひとつである便秘が発生する背景には、ストレスがあります。折にふれてリラックスする時も必要となります。妊娠や先々の出産に向けての迷い、ライフスタイルの変更なんかでプレッシャーが出てきていると思います。 又は、臨月におならが頻繁にでてしまうこと自体にストレスを感じていませんか?

臨月のおならは微妙な不安のタネで人にお話しにくく、フラストレーションを感じ取り易い可能性があります。でも、おナラを気恥ずかしいことと感じず、赤ちゃんと顔を合わす嬉しいタイミングが徐々に近よっているシグナルと思いましょう。

臨月によく出るはずの「おなら」が出ない人もいる?

臨月ともなれば逆におならが出て来なくなる母親もいます。この場合の要因と対処をお伝えします。

おならの出ない要因も腸の圧迫?

腸が押さえ付けられてることされることが原因で臨月におナラが盛んに出るとお伝えしました。だけど、腸が押さえ付けられてることされることで臨月におナラが出て来なくなる理由にもなるのです。懐妊のプロセスによる子宮の下降で腸が押し付けられますが、おなかも押されるされるためガス抜け道が隙間なくなり、おならの放出がキツクなるのです。

マッサージがいい

臨月におならがよく出てしまう時の対応策でマッサージをお伝えしました。おナラが出てこない時の対応策としてもマッサージは役に立ちます。マッサージは腸の活動を活性化させる働きがあるため、臨月におナラが発生しない時も、お腹をマッサージすると、おナラが発生するようになります。

おならとは別のお産のサイン~前駆陣痛・破水など~

お産の気配は、臨月のおならだけとは言い切れません。こちらのページでは前駆陣痛や破水など臨月のおならとは違ったお産のサインをピックアップしていきます。

前駆陣痛

赤ん坊を体外に出すために子宮の筋肉が収斂することを陣痛といいます。前駆陣痛は偽陣痛、練習陣痛とも言われているのです。前駆陣痛は妊娠後期、初産であるのなら中期頃に引き起こされる陣痛で、お産間近の本陣痛に対抗するための陣痛です。

お産の体験がないママだと自身に起こっているのが前駆陣痛なのか、本陣痛なのか解釈が困難になるはずですね。だけど、前駆陣痛は苦痛が微妙な、陣痛の時間が多くない、横になっていれば痛苦が治まるといった本陣痛にはない特殊性がたくさん見受けられます。

不慣れな不快な思いに頭を悩ましてしまうかもしれませんが、臨月の前駆陣痛も誰もが通るおめでたの異変の一つなので冷静さを取り戻してお産に対処ましょう。

かりや先生 産婦人科医

前駆陣痛と言うと、ふつうの方が本陣痛か前駆陣痛かの見極めを誤らないのはとても困難です。 とりわけ経産婦に関しましては、前駆陣痛だと考えていたら、ふと気づけば分娩所見がかかわっていおり、産婦人科医に着いた時は お産直前であった、といったものがありますから頭に置いておくようにしましょう。

(前駆陣痛に関しては下記の文章も手本としてみてください)

前駆陣痛とは?苦痛は?スパンはどう測る?本陣痛の違いは?クチコミあり
https://akanbo-media.jp/posts/807

破水

破水とは赤ん坊と羊水と包む卵膜が裂け、中の羊水が流出する事を意味します。個人個人によって差はありますが透明無色、またはやや桃色の液体でほとんど匂いません。変わらない液体のため、尿漏れと思ってしまうかもしれませんが、余裕を持っておいや色をチェックし見極めましょう。

同様に破水をした際は、感染のリスクもございますのですぐにクリニックに電話をしましょう。

(破水に関しては下記の文章も参照してみてください)

破水とは?ジャンルがある?色・分量・臭いでの見分け方!クチコミも!
https://akanbo-media.jp/posts/782

おしるし

おしるしは破水と大差なく卵膜が破れるおかげで現れる事態です。子宮が縮小し卵膜がはがれるおかげで、出血をともなった分泌物があらわれてきます。こちらも破水と同じく人それぞれに違いがあり、色も薄いピンクの場合もあれば、真っ赤な鮮血の時もあります。

出血の分量も僅かで、一部にはおしるしそのものがない母親もいます。おしるしがない際も心配することはないでしょう。

出血量が多い、何日間も出血が止められないというケースは、卵膜とは違う箇所からの出血の可能性もあるのでお医者さんに診てもらいましょう。

(おしるしについては下記の報告も参照してみてください)

臨月のおしるしとは?色や分量などの特性は?何回もするとお産が迫っている?

臨月におならがよく出たら出産の準備をしよう!

出産の兆しは数多いですが、そのほとんどが通常体験することのない問題ばかりです。そんな中で、常日頃からなじみがあるおナラは、他の症状とは異なり、あまり驚かないかもしれないですね。とは言っても、臨月のおならはほかの具合とも見劣りしない大事な病状です。小さいこと、気まずいことと思わず慎重に考えて対処しましょう。